2013年11月01日

智弁和歌山、全国最多8年連続中西真里出場〈28日

第94回全国高校野球選手権大会(朝日新聞社、日本高校野球連盟主催)は28日、19大会で26試合があり、12大会で代表が決まった. 西東京は昨夏の全国選手権を制した日大三が逆転勝ちで代表に. 智弁和歌山は延長14回の末に全国で戦後最多となる8年連続出場を決めた. 今春の選抜大会8強の浦和学院(埼玉)、飯塚(福岡)は4年ぶり、遊学館(石川)、北大津(滋賀)、鳴門(徳島)はいずれも2年ぶりの代表. 県岐阜商は夏は28回目、神村学園(鹿児島)は3季連続の甲子園切符. 滝川二(兵庫)は13年ぶりに復活し、松阪(三重)は春夏通じて初、宇部鴻城(こうじょう、山口)も夏は初出場となった. 大阪では今春の選抜で優勝した大阪桐蔭が、愛知では同8強の愛工大名電がそれぞれ決勝へ進んだ. ナイキ エア 29日は栃木、東東京、神奈川、愛知、大阪、奈良、鳥取、愛媛の8大会で決勝がある.
posted by TakaokaSakurazuka at 19:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: